司馬懿
司馬懿 ©Public Domain

司馬懿

Previous Post

Next Post

司馬懿 (A.D.179〜A.D.251) 司馬懿しばいは、中国、西晋の基盤を築いた武将。曹操に仕え、魏王朝において勢力を強めた。明帝(曹叡)のとき、蜀の諸葛亮の進攻に対抗するため出陣。また遼東の公孫淵の反乱を鎮定し、楽浪、遼東などの4郡を魏の版図とした。魏王朝の一基盤をなす屯田の経営にも力を注いだ。斉王の即位後、重臣である曹爽と対立を深め、249年クーデターをおこし、曹爽勢力を一掃。九品官人法の内容を一変し、司馬氏が朝士の代表者的性格を得るのに成功、受禅への道を固めた。

Previous Post

Next Post