閻立本 司馬炎
西晋の武帝(司馬炎)(閻立本画/ボストン美術館蔵) ©Public Domain
Previous Post

司馬炎 (A.D.236〜A.D.290) 司馬炎しばえんは、西晋初代皇帝(在位266〜290)。三国時代の魏王朝の実権を握った司馬炎が、蜀漢を滅ぼして2年後、曹魏の元帝に禅譲を迫り、晋王朝(西晋)を建国。洛陽を都とし、280年には江南の呉を滅ぼして中国を統一。州や郡の常備兵を大胆に削減するとともに、占田・課田法や戸調式など斬新な政策を推し進めたが、女色に溺れて政治を顧みず、外戚の専横を許すようになった。

Previous Post