吉田松陰
吉田松陰像(作者不明/山口県文書館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

吉田松陰

吉田松陰 よしだしょういん (A.D.1830〜A.D.1859) 長州藩士。江戸で佐久間象山さくましょうざんに師事。君主の下に万民が結集する一君万民論を説く。1854年のペリー再来の際、下田で海外密航を企てたが失敗し、幽閉中に松下村塾で教え、木戸孝允高杉晋作、伊藤博文らが巣立つ。幕府の対外政策を批判し、安政の大獄により江戸で刑死した。