源氏物語柏木図屏風 土佐光起
源氏物語柏木図屏風(土佐光起画/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

土佐光起

/ /

Previous Post

Next Post

土佐光起 とさみつおき(A.D.1617〜A.D.1691) 江戸時代初期の画家。1654(承応3)年に久しく絶えていた宮廷の絵所預に任じられて土佐家を再興。細密な用筆と巧緻な彩色で古典的題材や花鳥を描いたが、江戸時代初期の趣向に合せ、探幽ら狩野派の画法を取入れたため、従来のやまと絵の伝統性は次第に失われ、形式化、装飾化が進んだ。『春秋花鳥図屏風』『厳島・松島図屏風』ほか。

Previous Post

Next Post