堀田正俊

/

Previous Post

Next Post

堀田正俊 ほったまさとし(A.D.1634〜A.D.1684) 江戸時代初期の下総古河藩主。江戸幕府の大老。3代将軍家光の命によって春日局の養子となる。1651(慶安4)年に父が家光に殉じたため、その遺領のうち1万石を与えられ、備中守となった。1679(延宝7)年老中となり、4代将軍徳川家綱が死んだ際、家光の子綱吉を擁して大老酒井忠清らと対立。綱吉が5代将軍となってからはその片腕として幕政を主導。1681(天和1)年1大老。その治政を「天和の治」という。1684(貞享1)年稲葉正休に刺殺された。

Previous Post

Next Post