大友宗麟
大友宗麟像 模写(作者不詳/大徳寺塔頭瑞峯院蔵)©Public Domain

大友宗麟 おおともそうりん(大友義鎮おおともよししげ)(A.D.1530〜A.D.1587) 戦国末期の戦国大名・キリシタン大名。豊後、豊前、筑前、筑後、肥前、肥後の北九州6か国の守護を兼ね、大友氏を北九州最大勢力に成長させる。フランシスコ・ザビエルと出会い、キリスト教を庇護し、自らも洗礼を受け、南蛮貿易で多くの文物を輸入した。洗礼名はドン・フランシスコ。宗麟は法号。