大空位時代
『ドイツ』 ドイツ国家の擬人化-彼女が立てている盾はドイツ連邦議会の紋章。下には七選帝侯の紋章 (Philipp Veit画/シュテーデル美術館蔵) ©Public Domain

大空位時代 (A.D.1250頃〜A.D.1254頃)

神聖ローマ皇帝(ドイツ王)の事実上の空位時代(1254/6~73)。 Interregnumという語は、ローマ王政時代に、王の死後その後継者が選出されるまでの間、中間王 Interrexが任命されて統治にあたった期間の政治体制を意味したが、歴史上では神聖ローマ帝国の空位時代をさす。中世後半のドイツでは皇帝権力が衰えた反面、諸侯の権力は増大し、1250年ホーエンシュタウフェン朝の皇帝フリードリヒ2世が死んだあと、子のコンラート4世が帝位(王位)を継いだが、47年対立皇帝(王)としてウィルヘルム・フォン・ホラントも帝位についていた。両者が没したあと、皇帝(王)が濫立して帝位は安定しなかった。大空位時代はコンラートの没した 54年か、ウィルヘルムの没した 56年から始ったとされ、73年ハプスブルク家のルドルフ1世が皇帝に選ばれてようやく帝権が安定し大空位時代が終った。この事件は、形式上最高の栄誉をになった神聖ローマ皇帝の政治的実権がいかに微弱であったかを示すとともに、ドイツにおいていかに諸侯の地方分権が進んだかを象徴している。

参考 ブリタニカ国際大百科事典