天龍寺
天龍寺 Wikipedia
Previous Post

Next Post

天龍寺 (天竜寺) てんりゅうじ 足利尊氏(開基)のあつい帰依を受けた臨済宗の夢窓疎石(開山)が、後醍醐天皇を追善するため尊氏らの援助で天竜寺を造営し、自らその開山となった。造営に際して尊氏や光厳上皇が荘園を寄進したが造営費用には足りず、足利直義は夢窓と相談の上、元冦以来途絶えていた元との貿易を再開した(天龍寺船)。1345(康永4)年落慶し、南禅寺を五山の上として天龍寺を五山の第一位に位置付けた。世界遺産「古都京都の文化財」に含まれる。

Previous Post

Next Post