対金戦争
モンゴルと金の戦い (集史より) ©Public Domain

対金戦争

対金戦争 モンゴル帝国と金(王朝)との間で行われた戦争。 第一次対金戦争 1211年〜1215年 チンギス=ハン率いるモンゴル帝国と金(王朝)との間で行われた戦争。モンゴル軍が大勝した。 この結果、東アジア諸国の力関係は激変し、金朝の本土である満州ではモンゴルに投降する集団が数多く出た。 第二次対金戦争 1230年〜1234年 オゴタイ率いるモンゴル帝国と金(王朝)との間で行われた戦争。この戦争で金は完全に滅亡した。