幕末 尊王攘夷論
戊辰戦争中の薩摩藩の藩士(フェリーチェ・ベアト/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
Previous Post

Next Post

尊王攘夷論 そんのうじょういろん (幕末尊王論(天皇尊崇思想)と攘夷論(外国人排斥思想)とが幕藩体制の動揺と外国の圧迫という危機に際して結合し、形成された政治思想。幕末期、長州藩の下級武士を中心とした尊攘派(尊王攘夷派)は尊王攘夷運動を討幕運動に発展させて明治維新を導いた。

Previous Post

Next Post