燕子花図屏風 尾形光琳
燕子花図屏風(国宝/尾形光琳筆/根津美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

尾形光琳

/ / / /

Previous Post

Next Post

尾形光琳 おがたこうりん(A.D.1658〜A.D.1716) 江戸時代中期の画家、工芸家。京都の富裕な呉服商の雁金屋尾形宗謙の次男。本阿弥光悦や俵屋宗達の技法を取り入れ、絵画や蒔絵に新風を吹き込んだ。大和絵の伝統的な装飾と王朝文学趣味をもったこの流派は、琳派呼ばれた。国宝『紅白梅図屏風』『燕子花図屏風』『八橋蒔絵螺鈿硯箱』など。

Previous Post

Next Post