岩倉具視
岩倉具視(国立国会図書館蔵/近代日本人の肖像

岩倉具視

/

Previous Post

岩倉具視 いわくらともみ (A.D.1825〜A.D.1883) 幕末・明治期の政治家、公家。公武合体を策し、のち倒幕論に転向。薩長倒幕派と結んで王政復古に尽力した。明治政府の右大臣となり、1871年、遣外使節の大使として欧米を視察、帰国後は征韓論に反対。欽定憲法・天皇制の確立に努めた。

Previous Post