後期印象派
後期印象派 ©世界の歴史まっぷ

後期印象派


Previous Post

Next Post

後期印象派 Post-Impressionism

19世紀末に出現した、印象派から影響を受けながらも、自分の心の中にある感覚や感受性を重視してさまざまな展開を見せた画家たちの総称。視覚だけにとどまらず、自然の根源的形態の把握につとめ、自己の感覚を重視して絵画を構成する手法をとった。セザンヌ、ゴーガン、ゴッホなど。

後期印象派

19世紀末に出現した、印象派から影響を受けながらも、自分の心の中にある感覚や感受性を重視してさまざまな展開を見せた画家たちの総称。

¥946 (2021/12/02 08:49:10時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

欧米における近代国民国家の発展

19世紀欧米の文化

美術と音楽
後期印象派
林檎のある静物
林檎のある静物(ポール=セザンヌ画/シカゴ美術館蔵/)©Public Domain
3人のタヒチ人
3人のタヒチ人(ポール=ゴーギャン画/スコットランド国立美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

1889年のパリ万博における植民地展示もあって、ゴーガンは晩年にタヒチ(1847年フランス保護領となる)に移住し、「未開の地」タヒチに原始の美を求めて描き、「文明社会」を批判した。

ひまわり
ひまわり(フィンセント・ファン・ゴッホ画/イノエ・ピナコテーク蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
はね橋
はね橋(フィンセント・ファン・ゴッホ画/イノエ・ピナコテーク蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

印象派から発展したのが後期印象派 Post-Impressionism である。彼らは視覚だけにとどまらず、自然の根源的形態の把握につとめ、自己の感覚を重視して絵画を構成する手法をとった。セザンヌ Cézanne (1839〜1906, 「林檎のある静物」 ポール=セザンヌ)はその指導者で、ゆがんだかたちをも利用して自然のもつ本質を追求し、20世紀絵画に大きな影響を与えた。また同じ派には、晩年タヒチで生活したゴーガン Gauguin (1848〜1903, 「3人のタヒチ人」 ポール=ゴーギャン)や、強烈な色彩感覚をもちながら晩年に精神を病んだオランダのゴッホ Gogh (1853〜90, 「ひまわり」「はね橋」 フィンセント・ファン・ゴッホ)などがいる。

¥2,750 (2021/12/02 08:46:37時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告
Previous Post

Next Post