後醍醐天皇
絹本著色後醍醐天皇御像(清浄光寺蔵/重要文化財)©Public Domain

花園天皇

南朝:後村上天皇

北朝:光厳天皇、光明天皇

後醍醐天皇 ごだいごてんのう (A.D.1288〜A.D.1339) 第96代天皇(在位1318〜1339)。鎌倉幕府を倒し、天皇親政をめざして「建武の新政」(1333〜1336)を実施したが、武家の実力が公家を凌駕していたこの時代に、天皇親政の理想をかかげた新政への不満は地方武士の反乱として噴出。1336(建武3)年、足利尊氏が京都で建武式目を制定し室町幕府が成立すると、後醍醐天皇は廃位され、吉野に南朝を開いて政権回復の機会を狙うが果たされず、その地で崩御した。