承徳避暑山荘 承徳避暑山荘と外八廟
承徳避暑山荘と外八廟 Wikipedia
Previous Post

Next Post

承徳避暑山荘 中国河北省承徳市にある、清王朝歴代の皇帝が避暑と政務を行った離宮。1703~1792年に建造。中国四大名園のひとつ。山荘を囲んでいた12の寺廟のうち、8つの廟は「外八廟」と呼ばれ、7つが現存している。1994年「承徳避暑山荘と外八廟」として世界遺産に登録されている。

世界遺産情報

承徳避暑山荘 (Mountain Resort and its Outlying Temples, Chengde)

中国
登録日
1994年
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/703/
登録区分
文化遺産
その他
(ii)(iv)
Previous Post

Next Post