拓跋珪
道武帝像(雲崗石窟第20窟)Wikipedia

拓跋珪

/ /

Previous Post

Next Post

拓跋珪 (道武帝)(A.D.371〜A.D.409) 拓跋珪たくばつけいは、南北朝時代(中国)の北朝北魏初代皇帝。華北を統一していた前秦の崩壊という激動にあたって、諸部族に推戴されて386年代王の位に就き、都を盛楽せいらく(内モンゴル)に定め、国号を魏と改めた(北魏)。敵対する五胡諸部族を平定し、後燕国の混乱に乗じて黄河以北の華北平原を征服。首都を平城に移し398年皇帝の位に就いた。

Previous Post

Next Post