日野富子 応仁の乱
紙本著色真如堂縁起・下巻(部分)(掃部助久国画/真正極楽寺蔵)©Public Domain

日野富子

日野富子 (A.D.1440〜A.D.1496) 日野富子ひのとみこは、室町幕府8代将軍足利義政あしかがよしまさの正室。応仁の乱の渦中、執政を敬遠した義政に代わり実子の足利義尚あしかがよしひさを第9代将軍の座に就けた。その後も直接幕政に関与して幕府体制の維持と大乱の終結に務めた。明応の政変で10代将軍足利義材(後の足利義稙)を廃し足利義澄を11代将軍に就けた。