曹操
南屏山昇月/月百姿(月岡芳年画)©Public Domain 赤壁の戦いの前、南屏山を望む曹操。
Previous Post

Next Post

曹操 (A.D.155〜A.D.220)

曹操そうそうは、後漢の丞相。魏王(在位216年〜220年)。三国時代の魏王朝の事実上の創建者。魏の武帝。後漢の有力宦官の養子の子。黄巾の乱平定に功を立てて頭角をあらわし、献帝を奉戴して許を都とした。官軍として官渡の戦いで袁紹に勝利し、後漢の丞相となる。赤壁の戦いで孫権と劉備に敗れ、天下三分の形勢となる。中国北部の支配を固め、献帝から魏王魏王に封じられ、呉・蜀と対抗した。屯田制をしいて国力増強に努め、後の魏の基礎を築いた。兵法家でもあり、兵法書『孫子』を13篇に編集し、自分でも兵書を多数著した。また詩人でもあり、文人たちを保護育成した。

Previous Post

Next Post