清仏戦争
三代目歌川国貞作の「清仏戦争図」©Public domain
Previous Post

清仏戦争 しんふつせんそう (A.D.1884〜A.D.1885) ベトナムの宗主権を巡る清朝とフランスのあいだの戦争。フランスがフエ条約でベトナムを保護国とすると、清はベトナムに対する宗主権を主張した。フランスが勝利し、天津条約でベトナムはフランスの保護国となり、さらにフランスは、中国南西部における通商上、また鉄道建設の特権を獲得した。

Previous Post