世祖(朝鮮)- 癸酉靖難
世祖(朝鮮)- 癸酉靖難

癸酉靖難


Previous Post

癸酉靖難 きゆうせいなん (ケユジョンナン)
1453年、朝鮮王朝第5代王・文宗(ムンジョン)の弟・首陽大君(スヤンテグン)が、王権簒奪を目論み、文宗の死後、幼くして即位した第6代王・端宗(タンジョン)を支える重臣金宗瑞キム・ジョンソをはじめ、自らの政敵を一挙に殺害し、政権を掌握したクーデター事件。その後、首陽大君は、1455年に端宗の譲位を受け、第7代王・世祖(セジョ)として即位した。

癸酉靖難

概要

癸酉靖難 きゆうせいなん 1453年朝鮮王朝第5代王・文宗の弟・首陽大君が王権簒奪を目論み文宗の死後幼くして即位した第6代王・端宗を支える重臣金宗瑞をはじめ、自らの政敵を一挙に殺害し政権を掌握したクーデター事件。その後首陽大君は1455年に端宗の譲位を受け第7代王・世祖として即位した。

  • 世宗(李裪)の長男であり後継者の文宗(李珦)が即位2年余りで病死する
  • 世子の弘暐(のちの端宗)が11歳で即位する。
  • 世宗の次男・首陽大君(しゅようだいくん)を中心とする勢力と、世宗の三男・安平大君(あんへいだいくん)を後ろ盾に首陽大君の勢力拡大を阻止する勢力が争う。
  • 1453年10月10日深夜、首陽大君は、政敵・金宗瑞(きんそうずい)を自宅に訪ねてその場で惨殺、同時に首陽大君の部下たちが宮廷に大臣たちを招集して、皇甫仁ら主要な大臣たちを一挙に殺害。黒幕だった安平大君は江華島に配流後、賜薬(死薬)をもって殺害するというクーデターを起こす。
  • 政権を掌握した首陽大君は、クーデターに参加した功臣たちを登用し(これらの功臣たちは、後に勲旧派と呼ばれるようになる)、「靖難」に不満を持つ王族や国王を補佐する臣下を圧迫したので、1455年閏6月に、端宗は譲位して自らは上王となり、首陽大君が第7代国王(世祖)として即位した。

端宗復位事件

事件から1年半後の1456年6月に「端宗復位事件」が発覚し、成三問・朴彭年ら、のちに「死六臣(しろくしん)」と呼ばれる文臣たちが処刑される。
明において、当時上皇であった英宗(朱祁鎮)が重祚(ちょうそ)した奪門の変(だつもんのへん)が起こった1457年6月には上王端宗も山君に降格のうえ、その4か月後に配流先で賜薬を下され17歳という若さで賜死された(死後、端宗が正式に王位を回復されるのは第19代国王粛宗の時代になってから)。この時、端宗復位のために謀反を起こして既に配流されていた第4代王・世宗(李裪)の六男の錦城大君もほぼ同時に配流先で賜死されている。

癸酉靖難が登場する作品

女王の男

癸酉靖難 - 王女の男
王女の男

王女の男

DVD

バップ
¥25,080 (2021/10/27 15:11:03時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B008Y8YOW0

李氏朝鮮歴代王

右にスクロールします。

李氏朝鮮国王一覧

  姓・諱廟号日本読み朝鮮読み在位開始在位終了作品党派
 封号
李氏朝鮮第1李成桂太祖たいそ13931398勲旧派
李子春永興崔氏権知高麗国事
第2李芳果定宗ていそうチョンジョン13981400太祖神懿王后次男
第3李芳遠太宗たいそうテジョン14001401太祖神懿王后五男
14011418朝鮮国王
第4李裪世宗せいそうセジョン14181450太宗元敬王后・閔氏三男
第5李珦文宗ぶんそうムンジョン14501452王女の男世宗昭憲王后・沈氏長男
第6李弘暐端宗たんそうタンジョン14521455癸酉靖難文宗顕徳王后・權氏
第7李瑈世祖せいそセジョ14551468李施愛の乱世宗昭憲王后・沈氏次男
第8李晄睿宗えいそうイェジョン14681469世祖貞熹王后・尹氏次男
第9李娎成宗せいそうソンジョン14691494士林派世祖の長男・懿敬世子仁粋大妃次男
第10李㦕燕山君えんざんくんヨンサングン14941506戊午士禍
甲子士禍
中宗反正
成宗廃妃・尹氏長男
第11李懌中宗ちゅうそうチュンジュン15061544己卯士禍成宗の次男貞顕王后・尹氏
第12李峼仁宗じんそうインジョン15441545中宗章敬王后・尹氏長男
第13李峘明宗めいそうミョンジョン15451567乙巳士禍中宗文定王后次男
第14李昖宣祖せんそソンジョ15671608西人東人文禄・慶長の役中宗の三男・徳興大院君河東府大夫人鄭氏長男
第15李琿光海君こうかいくんクァンヘグン16081623南人北人宣祖恭嬪金氏次男
第16李倧仁祖じんそインジョ16231649小北大北宣祖の五男・定遠君(庶子)仁献王后長男
第17李淏孝宗こうそうヒョジュン16491659仁祖
第18李棩顕宗けんそうヒョンジョン16591673西人粛清孝宗仁宣王后長男
第19李焞粛宗しゅくそうスクチョン16741720トンイ老論少論甲寅礼訴
庚申換局
顕宗明聖王后長男
第20李昀景宗けいそうキョンジョン17201724辛壬士禍粛宗禧嬪張氏長男(庶子)
第21李昑英祖えいそヨンジョ17241776イ・サン僻派時派壬午士禍粛宗淑嬪崔氏次男(庶子)
第22李祘正祖せいそチョンジョ17761800功西信西辛酉教獄英祖の次男・荘献世子恵慶宮洪氏次男
第23李玜純祖じゅんそスンジョ18001834僻派勢道政治
(安東金氏)
正祖綏嬪朴氏次男
第24李奐憲宗けんそうホンジョン18341849純祖の長男・孝明世子神貞王后長男
第25李昪哲宗てっそうチョルジュン18491863正祖の弟・恩彦君の子・恩彦君龍城府大夫人廉氏三男
第26李熙高宗こうそうコジュン18631897明成皇后江華島事件
壬午事変
甲申政変
東学党の乱
乙未事変
英祖の次男・荘献世子の三男・恩信君
の養子・南延君の四男・興宣大院君
驪興府大夫人閔氏次男
大韓帝国高宗18971907第1代皇帝
第27李坧純宗じゅんそうスンジュン19071910高宗明成皇后閔氏長男第2代皇帝
左右にスクロールします。
広告
Previous Post