第1次ロシア革命
第1次ロシア革命(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

第1次ロシア革命(A.D.1905)

血の日曜日事件を発端に始まった革命運動。全国各地で、都市労働者の反政府運動や農民の土地要求闘争、ブルジョワジーの立憲運動が激化した。労働者と農民の運動は、十月宣言でブルジョワジーの姿勢が軟化したのち、軍によって鎮圧された。