粛宗(朝鮮)
粛宗(朝鮮) ©천사(1004)

粛宗(朝鮮)


Previous Post

Next Post

粛宗(朝鮮) (しゅくそう、スクチョン)
李氏朝鮮第19代王。第20代王・景宗、第21代王・英祖の父。

粛宗(朝鮮)

王朝 李氏朝鮮
在位期間 1674年 – 1720年
姓・諱 李焞
字 明普
諡号 肅宗顯義光倫睿聖英烈裕謨永運洪仁峻德配天合道啓休篤慶正中恊極神毅大勳章文憲武敬明元孝大王
廟号 粛宗
生年 1661年9月8日
没年 1720年7月13日
父 顕宗(第一王子)
母 明聖王后
后妃 仁敬王后(金万基の娘)、仁顕王后(閔維重の娘)、仁元王后(金柱臣の娘)
陵墓 明陵(ミョンルン) (西五陵) 史跡第198号 京畿道 高陽市 徳陽区 西五陵路 334-92

換局かんきょく(ファングク)

14歳で即位したが、垂簾聴政を受けず、直接国を統治した。
在位中、南人と西人の党派対立が激しくなる中、建国300年にして初めて、王権を確立した絶対君主。

1680年(粛宗6年) 庚申換局
南人を大量に追放した庚申換局キョンシンホァングクを契機に南人政権は崩壊し、西人が政権を掌握するが、西人は老論と少論に分裂し対立するようになる。
1689年(粛宗15年) 己巳換局
粛宗は西人が提起した元子問題を口実に西人を失脚させる一方、南人を再び重用する。
1694年(粛宗20年) 甲戌換局
粛宗は張氏を禧嬪に冊封し(禧嬪張氏きひんちょうし(ヒビン チャンシ))、後に王后の座に上げたが、張氏の挙動が非常に野放図だったので、粛宗はこれに対抗して仁顕王后を復位させ、南人を退出させ、西人が再び政権を執ることになる。
1727年(英祖3年)
英祖は党派心が非常に強い者らを排除するために蕩平策とうへいさく(党派間の政治勢力の均衡をはかった政策)を推進する。これを契機に、西人から分派した少論は失脚するが、また別の西人である老論はそのまま政権を執る。

功績

  • 文禄・慶長の役と丙子の役以後、混乱から脱け出すことができなかった社会を全般的に収め、整備して安定期を謳歌する政治功績を残す。
  • 1712年 白頭山山頂に定界碑を立て、清との国境を定めた。
  • 竹島一件で、日本人の竹島(現在の鬱陵島)への立ち入り禁止を保証させた。
  • 倭銀使用条例を定め、倭館貿易を整備する。
  • 死六臣の名誉回復
  • 王位剥奪され亡くなった山君の復位、端宗という諡号を贈る。
  • 廃庶人となった昭顕世子嬪姜氏(粛宗の祖父孝宗の兄・昭顕世子の妃)を愍懐嬪に復位。

粛宗が登場する作品

トンイ

粛宗(朝鮮) - トンイ
トンイ

トンイ 登場人物 相関図 あらすじ – 世界の歴史まっぷ

DVD
バップ
¥20,195 (2021/12/02 03:45:51時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B0057J4Z96

李氏朝鮮歴代王一覧

右にスクロールします

李氏朝鮮国王一覧

  姓・諱廟号日本読み朝鮮読み在位開始在位終了作品党派
 封号
李氏朝鮮第1李成桂太祖たいそ13931398勲旧派
李子春永興崔氏権知高麗国事
第2李芳果定宗ていそうチョンジョン13981400太祖神懿王后次男
第3李芳遠太宗たいそうテジョン14001401太祖神懿王后五男
14011418朝鮮国王
第4李裪世宗せいそうセジョン14181450太宗元敬王后・閔氏三男
第5李珦文宗ぶんそうムンジョン14501452王女の男世宗昭憲王后・沈氏長男
第6李弘暐端宗たんそうタンジョン14521455癸酉靖難文宗顕徳王后・權氏
第7李瑈世祖せいそセジョ14551468李施愛の乱世宗昭憲王后・沈氏次男
第8李晄睿宗えいそうイェジョン14681469世祖貞熹王后・尹氏次男
第9李娎成宗せいそうソンジョン14691494士林派世祖の長男・懿敬世子仁粋大妃次男
第10李㦕燕山君えんざんくんヨンサングン14941506戊午士禍
甲子士禍
中宗反正
成宗廃妃・尹氏長男
第11李懌中宗ちゅうそうチュンジュン15061544己卯士禍成宗の次男貞顕王后・尹氏
第12李峼仁宗じんそうインジョン15441545中宗章敬王后・尹氏長男
第13李峘明宗めいそうミョンジョン15451567乙巳士禍中宗文定王后次男
第14李昖宣祖せんそソンジョ15671608西人東人文禄・慶長の役中宗の三男・徳興大院君河東府大夫人鄭氏長男
第15李琿光海君こうかいくんクァンヘグン16081623南人北人宣祖恭嬪金氏次男
第16李倧仁祖じんそインジョ16231649小北大北宣祖の五男・定遠君(庶子)仁献王后長男
第17李淏孝宗こうそうヒョジュン16491659仁祖
第18李棩顕宗けんそうヒョンジョン16591673西人粛清孝宗仁宣王后長男
第19李焞粛宗しゅくそうスクチョン16741720トンイ老論少論甲寅礼訴
庚申換局
顕宗明聖王后長男
第20李昀景宗けいそうキョンジョン17201724辛壬士禍粛宗禧嬪張氏長男(庶子)
第21李昑英祖えいそヨンジョ17241776イ・サン僻派時派壬午士禍粛宗淑嬪崔氏次男(庶子)
第22李祘正祖せいそチョンジョ17761800功西信西辛酉教獄英祖の次男・荘献世子恵慶宮洪氏次男
第23李玜純祖じゅんそスンジョ18001834僻派勢道政治
(安東金氏)
正祖綏嬪朴氏次男
第24李奐憲宗けんそうホンジョン18341849純祖の長男・孝明世子神貞王后長男
第25李昪哲宗てっそうチョルジュン18491863正祖の弟・恩彦君の子・恩彦君龍城府大夫人廉氏三男
第26李熙高宗こうそうコジュン18631897明成皇后江華島事件
壬午事変
甲申政変
東学党の乱
乙未事変
英祖の次男・荘献世子の三男・恩信君
の養子・南延君の四男・興宣大院君
驪興府大夫人閔氏次男
大韓帝国高宗18971907第1代皇帝
第27李坧純宗じゅんそうスンジュン19071910高宗明成皇后閔氏長男第2代皇帝
左右にスクロールします。
広告
Previous Post

Next Post