糸割符
長崎港之図(円山応挙画/長崎県美術館蔵)画像出典:長崎県美術館

糸割符

/ / /

Previous Post

糸割符 いとわっぷ(A.D.1604〜A.D.1868) 糸割符とは、輸入生糸の専売特権の証札のこと。ポルトガルが、マカオを根拠地に中国産の生糸(白糸)を長崎に運んで、巨利を得てきたことに対し、江戸幕府は1604(慶長9)年に生糸価格の抑制と商人統制のため、糸割符制度を設け、京都・長崎・堺の有力商人を糸割符仲間とし、輸入生糸を一括購入させた。1655(明暦元)年に廃止、1685(貞享2)年に復活し幕末まで続いた。

Previous Post