細川頼之
細川頼之(菊池容斎画『前賢故実』より)©Public Domain

細川頼之


Previous Post

Next Post

細川頼之 ほそかわよりゆき( A.D.1329〜A.D.1392)

足利幕府の基礎を確立した管領。南北朝から室町初期の武将。足利尊氏のもとで功をあげ、4か国を領して細川氏の権勢を築く。2代将軍義詮の遺命で管領となり、幼少の将軍義満を補佐。以後12年間在任して足利政権の基礎を築くが、康暦の政変こうりゃくのせいへんで失脚。四国に下るも、のちに復権し細川管領家の地歩を固めた。

細川頼之

足利幕府の基礎を確立した管領

南北朝から室町初期の武将。足利尊氏のもとで功をあげ、4か国を領して細川氏の権勢を築く。2代将軍義詮の遺命で管領となり、幼少の将軍義満を補佐。以後12年間在任して足利政権の基礎を築くが、康暦の政変こうりゃくのせいへんで失脚。四国に下るも、のちに復権し細川管領家の地歩を固めた。

参考 ビジュアル版 日本史1000人 上巻 -古代国家の誕生から秀吉の天下統一まで

武家社会の成長

室町文化

南北朝文化
軍事物語

軍記物語では、南北朝の動乱の全体像を描こうとした『太平記たいへいき』がつくられた。これは、後醍醐天皇の討幕計画から鎌倉幕府の減亡、建武の新政から南北朝の対立を経て、管領細川頼之ほそかわよりゆき(1329~92)が幼少の足利義満を補佐するために讃岐から上京するまでの約50年間を描いた壮大な物語である。現在知られている『太平記』のかたちができあがったのはほぼ1370年代とみられるが、作者については法勝寺ほっしょうじ恵鎮ちえん上人(円観えんかん1281〜1356)とその事業を引き継いだとみられる小島法師ら、複数の僧侶の関与が考えられている。。『平家物語』が琵琶法師によって語られたのに対し、『太平記』は講釈というかたちで人々の間に広まり、後世まで大きな影響を与えた。

参考

created by Rinker
¥2,750 (2024/04/22 22:11:33時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
広告
Previous Post

Next Post