細川頼之
細川頼之(菊池容斎画『前賢故実』より)©Public Domain

細川頼之

/

Previous Post

Next Post

細川頼之 ほそかわよりゆき(A.D.1329〜A.D.1392) 足利幕府の基礎を確立した管領。南北朝から室町初期の武将。足利尊氏のもとで功をあげ、4か国を領して細川氏の権勢を築く。2代将軍義詮の遺命で管領となり、幼少の将軍義満を補佐。以後12年間在任して足利政権の基礎を築くが、康暦の政変こうりゃくのせいへんで失脚。四国に下るも、のちに復権し細川管領家の地歩を固めた。

Previous Post

Next Post