聖ソフィア大聖堂(キエフ)
聖ソフィア大聖堂(キエフ)[世界遺産] Wikipedia

聖ソフィア大聖堂(キエフ) ウクライナの首都キエフの中心にあるキリスト教の大聖堂。ウクライナ最初の中央政権国家キエフ大公国最大の聖堂として1037年に建立された。現代において、11世紀から18世紀までのウクライナ建築史上最も名立たる教会であるとされる。1990年に「キエフの聖ソフィア大聖堂と関連する修道院群及びキエフ・ペチェールシク大修道院」の一部として世界遺産リストに登録された。