聖徳太子 推古朝の政治
「唐本御影」聖徳太子が描かれた肖像画。(この肖像画は8世紀半ばに別人を描いた物であるとする説もある。)©Public Domain
Previous Post

Next Post

聖徳太子 (A.D.574〜A.D.622) 厩戸王うまやとおうは、蘇我堅塩媛そがのきたしひめの所生の用明天皇(第31代)を父に、蘇我小姉君そがのおあねのきみ所生の穴穂部あなほべ王女を母にもつ、蘇我の血を受け継ぐ、有力な大王位継承資格者として、推古朝の政治に参画した。仏教を尊重し、「憲法十七条」「冠位十二階」の制定など天皇中心の国家をめざし、遣隋使派遣など大陸の新しい知識や仏教を取り入れようとした。早い時期から伝説が成立し、聖徳太子という呼称も生まれていたが、推古天皇よりも先に死亡し即位はしていない。

Previous Post

Next Post