荘園制
「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」(リンブルク兄弟, バーテルミー・デック作/コンデ美術館蔵) ©Public Domain

荘園制 中世西ヨーロッパ: 主君から家臣に封土として貸与された封土。耕作者としての農民も含まれ、家臣は領主として荘園内の農民を支配した。領主は領内の司法・警察に関係する独自の領主裁判権や不輸不入権を認められていた。7〜8世紀に始まった古典荘園は技術革新により13〜14世紀ころ純粋荘園が一般化した。 日本の荘園: 荘園 – 世界の歴史まっぷ