董卓
董卓 ©Public Domain

董卓


Previous Post

Next Post

董卓とうたく (?〜192年)

後漢末の群雄の一人。霊帝(漢)の末年に并州牧へいしゅうぼくとなり、強大な軍隊を率いて時勢を観望。189年、宦官誅滅計画に応じて洛陽に進軍、少帝弁を廃し弟の陳留王(漢献帝)を擁立して政権を掌握し暴虐の限りを尽くす。190年、袁紹を盟主とする董卓討伐軍が組織され、王允おういんの策謀で、部下の呂布によって殺害された。

董卓

強大な軍を率い暴虐非情の限りを尽くす

後漢末の群雄の一人。生まれつき武芸に秀で、類まれな腕力を有しながら、心がねじけ残忍で、暴虐非情だった。部下に対しては気前よく、霊帝(漢)の末年に并州牧へいしゅうぼくとなると、強大な軍隊を率いて時勢を観望する。

189年に外戚の何進かしんの宦官誅滅ちゅうめつ計画に応じて洛陽に進軍。少帝弁を廃し、弟の陳留王(漢献帝)を擁立して政権を掌握し暴虐の限りを尽くす。

これに対し袁紹を盟主とする董卓討伐軍が組織される。董卓は長安への遷都を強行、ますます凶暴さが増したことから、司徒しと王允おういんの策謀で董卓の侍女との密通が発覚するのを恐れた部下の呂布によって殺害された。

宦官誅滅計画:何進は霊帝の皇后(霊思皇后)の兄。黄巾の乱がおきるとともに大将軍に任じられた。宦官誅滅をはかるが、宦官に機先を制せられる。その私兵は董卓のもとに身を寄せた。
¥2,640 (2021/09/27 22:08:02時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362

董卓が登場する作品

三国志 Three Kingdoms

三国志 three-kingdoms 官渡の戦い
三国志 three-kingdoms ©中国伝媒大学電視制作中心、北京東方恒和影視文化有限公司
エスピーオー
¥3,749 (2021/09/28 00:06:02時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B0074RA692

同時代の人物

弥生時代

広告
Previous Post

Next Post