董卓
董卓 ©Public Domain

董卓

Previous Post

Next Post

董卓 (?〜192年) 董卓とうたくは、後漢末の群雄の一人。甘粛省の役人の子。霊帝(漢)の末年に并州牧へいしゅうぼくとなり、強大な軍隊を率いて時勢を観望。189年、外戚の何進かしんの宦官誅滅計画に応じて洛陽に進軍、少帝弁を廃し、弟の陳留王(献帝)を擁立して政権を掌握し暴虐の限りを尽くす。190年、袁紹を盟主とする董卓討伐軍が組織され、長安へ遷都を強行し、ますます凶暴さが増したことから、王允おういんの策謀で、部下の呂布によって殺害された。

Previous Post

Next Post