薩長同盟
薩長同盟(木戸孝允・坂本龍馬・小松帯刀・西郷隆盛)©世界の歴史まっぷ

薩長連合

/ /

薩長連合 (A.D.1866) 第二次長州征討にあたり、結ばれた薩摩・長州両藩の同盟。1866年、京都で坂本龍馬・中岡慎太郎らの仲介で、薩摩小松帯刀こまつたてわき西郷隆盛、長州の木戸孝允きどたかよしが会盟、相互援助を約し、倒幕の主力を形成した。