イタリア王国(中世) 東フランク王国 西フランク王国
870年メルセン条約による分裂 ©世界の歴史まっぷ

西フランク王国

西フランク王国 843年のヴェルダン条約でフランク王国を3つに分裂されて成立した王国。現在のフランスの領域にあたる。987年にルイ5世の夭折をもってカロリング家の血統は断絶し、ロベール家の血を引くユーグ・カペーが即位し、フランス王国カペー朝を開く。首都はパリ。

  • 843年: ヴェルダン条約 シャルル2世(西フランク王)
  • 870年: メルセン条約
  • 880年: リブモント条約 ルイ3世(西フランク王)
  • 987年: カロリング朝断絶 ルイ5世(西フランク王)
  • 987年: カペー朝フランス王国成立 ユーグ・カペー(フランス王)