諸葛亮
諸葛孔明像(国立故宮博物院蔵)©Public Domain

諸葛亮

/

Previous Post

Next Post

諸葛亮 (諸葛孔明)(A.D.181〜A.D.234) 諸葛亮しょかつりょうは、三国時代蜀漢の宰相、軍師。字は孔明。 207年魏の曹操に追われ荊州に身を寄せていた劉備から「三顧の礼」をもって迎えられ、天下三分の計を説いてこれに仕えた。呉の孫権と連合し、南下する曹操の軍を迎撃して、赤壁の戦いで勝利し、荊州、益州を劉備の手に入れさせた。221年漢の滅亡を機に劉備が帝位を称すると、その宰相となった。劉備が死ぬと劉禅を助け、再び呉と結んで魏と抗争し、蜀の経営に努力したが、魏との国力差はいかんともできず、国勢非なるうちに、魏の将軍司馬懿と五丈原で対陣中病没した。

Previous Post

Next Post