赤壁の戦い


Previous Post

Next Post

赤壁の戦い 208

長江中流の赤壁における曹操劉備孫権の連合軍との戦い。曹操の水軍が連合軍の火攻めにあい敗北し、天下三分の形勢が決まった。

赤壁の戦い

長江中流の赤壁における曹操と劉備・孫権の連合軍との戦い。曹操の水軍が連合軍の火攻めにあい敗北し、天下三分の形勢が決まった。

¥946 (2021/09/24 20:46:50時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

データ

  • 主戦場:赤壁
  • 勝者:劉備・孫権連合
  • 参戦者
    • 曹操軍=曹操など
    • 孫権軍=周瑜、黄蓋こうがいなど
    • 劉備軍=諸葛亮など
  • 特徴・結果:圧倒的な強さを誇った曹操は天下統一のため、孫権攻撃を開始するが、劉備と同盟を結んだ孫権ら連合軍の前に大敗を喫してしまう。曹操の南進は食い止められ、時代は三国分立へと動いていく。
赤壁の戦い地図
赤壁の戦い地図 ©Shogakukan

天下三分前哨戦

208年冬、曹操は天下統一を狙い、河北平定に動いていた。荊州の支配をめぐり対立するの孫権と曹操。曹操の力はあまりに強大で、孫権は降伏すべきか迷っていた。だがその折、荊州の情報収集を命じていた孫権は、劉備の懐刀、諸葛亮と出会う。劉備軍も孫権軍も単独で戦っても勝機はない。孫権は劉備と協力し、強敵との決戦の意を決した。周瑜を総司令官、粛をその参謀とし戦いに挑んだのだった。

いよいよ荊州の水軍を先頭に攻め寄せる曹操。その主力は陸軍隊だ。なんとしてもその上陸を阻みたい孫権・劉備連合軍と曹操は赤壁で激突した。疫病にも悩まされていた曹操軍は敗退し、退却して長江の北に陣を移した。

さらに、連合軍は焼き討ちを目論む。薪を積み、油をかけ、さらに幕で偽装した軍船数十隻を率い、降伏状を携え、曹操の陣営に近づき火を放った。降伏船かと油断した曹操軍は、折しもの風にあおられ次々と炎上。さらなる退却を余儀なくされ、江陵まで退かざるをえなくなった(一説には連合軍に焼き討ちされたのではなく、疫病が流行り、自ら船を焼いて退いたとも)。連合軍の大勝利となり、孫権箱の戦で江南の支配を、劉備は荊州を獲得。天下三分の計が定まった。

¥2,640 (2021/09/24 21:58:59時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362

赤壁の戦いが登場する作品

三国志 Three Kingdoms

三国志 three-kingdoms 官渡の戦い
三国志 three-kingdoms ©中国伝媒大学電視制作中心、北京東方恒和影視文化有限公司

エスピーオー
¥3,800 (2021/09/24 23:23:07時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B0074RA692

レッドクリフ

広告
Previous Post

Next Post