足利尊氏
伝足利尊氏像(部分)(浄土寺蔵)©Public Domain
Previous Post

Next Post

足利尊氏 あしかがたかうじ (A.D.1305〜A.D.1358) 鎌倉時代〜南北朝時代の武将。室町幕府初代征夷大将軍(在位1338〜1358)。後醍醐天皇による討幕運動に応じて京の六波羅探題を攻略し、鎌倉幕府を滅ぼす。建武政権を支えたが、やがて後醍醐天皇と対立し、北朝を擁立して室町幕府を樹立。尊氏は北朝から征夷大将軍に任じられ、幕府政治を再興した。執事の高師直と弟の直義の対立が全国的な争乱に発展(観応の擾乱)した。

Previous Post

Next Post