足利義輝
足利義輝 部分(国立歴史民俗博物館蔵)©Public Domain

足利義輝

/ /

足利義晴

足利義栄

Previous Post

Next Post

足利義輝 あしかがよしてる(A.D.1536〜A.D.1565) 室町幕府第13代征夷大将軍(在位1546〜1565)。父12代将軍義晴と管領細川晴元の対立で逃れていた近江坂本で、義輝は13代将軍に就任。1552年三好長慶の支持を受け京に戻るが、長慶と対立して管領・細川晴元とともに近江に逃れ、朽木谷の山中で5年間を過ごす。1558年(永禄1)長慶と和睦して京に復帰、全国の有力大名間の争いを仲介することで将軍権力の復活を目指したが長慶の没後、幕府の実権を握った松永久秀らに襲撃され戦死。新当流の塚原卜伝から指導を受けた剣豪将軍として名高い。

Previous Post

Next Post