農業革命
1881年農業革命で台頭した脱穀機 @Fichier:Batteuse 1881.jpg — Wikipédia

農業革命


Previous Post

Next Post

農業革命 Agricultural Revolution

18世紀のイギリスにおける、農業技術や農業経営方式の変革。イギリスでは人口増加と穀物不足への対応が課題となったことからあらたな農法が開発され、それを導入するための第2次囲い込みも、農業資本家により盛んにおこなわれた。囲い込みにより土地を失った農民の多数が都市に流入して工場労働者となり、産業革命を進展させた。

農業革命

18世紀のイギリスにおける、農業技術や農業経営方式の変革。イギリスでは人口増加と穀物不足への対応が課題となったことからあらたな農法が開発され、それを導入するための第2次囲い込みも、農業資本家により盛んにおこなわれた。囲い込みにより土地を失った農民の多数が都市に流入して工場労働者となり、産業革命を進展させた。

¥946 (2021/08/04 10:40:51時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

概要

輪作

Google Earth で見るアメリカ カンザス州の農地。トウモロコシや小麦といった作物が区画ごとに入れ替えられて栽培されている。

同じ土地に別の性質のいくつかの種類の農作物を何年かに1回のサイクルで作っていく方法。

囲い込み

細かい土地を統合し、所有者を明確にした上で排他的に利用すること。歴史上、幾度となく繰り返されてきたプロセスであるが、特にイギリスにおいて16世紀と18世紀の二回行われたものを指す。

中世ヨーロッパから三圃制さんぽせい(三圃制: 農地の地力低下を防ぐため3年に一回土地を休ませる農法)と言われる農法を行っていたが、休ませている土地にクローバーや豆類を栽培し、それを肥料にすることで毎年生産が可能になった。

カブなどの根菜と栽培牧草を特徴とする新農法は、従来の三圃制では地力回復のために避けられなかった休耕地を必要とせず、農業生産の増加と地力の回復を両立させ、また一年を通じた家畜の飼育が可能となった。

農業生産が増加した結果

14世紀半ばから19世紀半ばにかけて小氷期であったため、人口が減少していたが、農業革命によってイギリスの食料の生産量は増加し、人口は100年で倍になった。

広告
Previous Post

Next Post