芸術の新傾向 運慶
興福寺無著菩薩立像(運慶作/興福寺蔵/国宝)画像出典:興福寺中金堂再建記念特別展 運慶

運慶

/

Previous Post

Next Post

運慶 うんけい (生年不詳〜1223) 鎌倉時代を代表する仏師。兄弟弟子の快慶、長子の湛慶ら運慶一門の慶派は奈良に住んで南都仏師・奈良仏師と呼ばれた。定朝手法のみでなく、奈良時代の彫刻や宋の様式を取り入れ、写実的で力強い作品を創造した。北条時政・和田義盛ら東国の有力武士の求めに応じて仏像(伊豆願成就院、三浦の浄楽寺)を作成し、運慶と快慶の合作になる東大寺金剛力士立像や、運慶が慶派の仏師を率いてつくった興福寺北円堂無著菩薩立像・世親菩薩立像などが代表作。当時、仏師の主流は京都の円派・院派の人々であったが、慶派が東大寺再建の仏像の作成にあたった。

Previous Post

Next Post