鄭和
鄭和の南海遠征第5次航海で甲板に穴を開けて首を通してキリンを輸送した。©Public Domain
Previous Post

鄭和 (A.D.1371〜A.D.1434) 鄭和ていわは、明朝が雲南を征服した時連行されたイスラーム教徒。永楽帝に宦官として仕えた。靖難の役で功績をあげ、宦官の長官(太鑑)に抜擢され、7回にわたる南海遠征の指揮官となった。数百隻もの大艦隊を率い、東南アジアからアフリカ東岸まで達した。(ビジュアル百科 世界史1200人 1冊でまるわかり!

Previous Post