鄭成功
鄭成功肖像画 鄭成功記念館

鄭成功


Previous Post

Next Post

鄭成功( A.D.1624〜A.D.1662)

中国人海商で平戸を根拠地として活動した鄭芝龍ていしりゅうを父に、日本の平戸川内の田川マツを母に1624年7月14日平戸で生まれた。幼名を福松、中国名を鄭森ていしんという。 鄭成功は、わずか7歳で単身海を渡り、21歳の時、明の隆武帝より明王朝の国姓「朱」を賜ったことから、人々は彼を「国姓爺」と呼んだ。後に清朝との戦いの中、父芝龍が清に投降したが、鄭成功は「抗清復明」の旗印を揚げ不利な戦いを続ける中で、台湾に進攻し占拠中のオランダ人を追放した。その後、政府を設置し法律を定め、開拓を行い、民を養い大いに時運の挽回を図ったが、病のために1662年39歳で没した。

参考 鄭成功記念館

鄭成功

最後まで反清復明を貫く

日本人の母をもち長崎県平戸出身。父が清に降伏した後も徹底抗戦を続けた。台湾を支配し、台湾を根城に、復興のために運動するが、病没。

鄭成功の本名は鄭森ていしんで、明の唐王から「しゅ」の姓を賜った。これは明王の姓である。畏れ多いとした鄭森が朱を名乗らないでいると、世間は国姓を賜った旦那という意味で「国姓爺こくせんや」と呼んだ。
¥2,090 (2022/08/12 16:24:13時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

ビジュアル百科 世界史1200人 1冊でまるわかり!

アジア諸地域の繁栄

海の道の発展

世界の一体化と銀

オランダは1624年以後、台湾南部にゼーランディア城安平古堡あんぴんこほう)を築いて貿易の拠点とし、中国人の鄭芝竜ていしりゅうと協力して日本貿易に参加する他の勢力と対立した。

鄭芝竜:中国人の武装商人。平戸の田川氏との間に1624年に生まれたのが鄭成功である。鄭成功は清に滅ぼされた明の復興を進める中で、1662年にゼーランディア城を陥落させてオランダを台湾から追放した。

世界の一体化と銀 – 世界の歴史まっぷ

東アジア・東南アジア世界の動向

東アジアの状況

日本と中国との間の銀と生糸の貿易は、16世紀から17世紀にかけて大きな利益を上げたため、中国人や日本人・ポルトガル人・オランダ人などがその利益をめぐって争った。ポルトガル人が拠点としたマカオ、オランダ人が拠点とした台湾などが新たな貿易中心地として成長していった。

オランダは1624年、台湾島南部の安平アンピンを占領してゼーランディア城と名づけ、さらに台南たいなんにプロヴィンシア城をきずいた。その後に台湾に進出してきたスペインは基隆キールンを中心とした台湾北部を占領した。オランダは1624年、スペインを台湾から追い払い、キリスト教宣教師を招いて先住民の教育にあたらせる一方、福建ふっけん広東カントンからの中国人の移民を奨励した。しかし1661年、台湾は鄭成功ていせいこうによって占領され、1681年には鄭氏一族を破った清朝の領土となった。

オランダやポルトガルなどのヨーロッパ人が多く日本に往来したが、江戸幕府は幕藩体制を維持する必要から、キリスト教の禁止(1613)や貿易統制を強化し、ついに1630年代には日本人の海外渡航を禁止し、ポルトガル人の来航を禁じ、長崎に出島を築造して清とオランダの両国以外との交易は認めないという政策をとった(鎖国)。

東アジアの状況 – 世界の歴史まっぷ

清代の中国と隣接諸地域

清朝の統治

三藩の乱より先、1644年に明が滅亡すると、華南の各地で明の皇族が擁立されて清に抵抗したが、これに応じて挙兵した鄭成功ていせいこう(1624〜1662)は父の鄭芝竜ていしりゅうのあとをうけついで海上で勢力をふるい、大陸南岸で反清運動を続けた。

1661年には、オランダ人が占拠していた台湾を攻略して反清運動の根拠地とし(鄭氏政権)、日本へも援軍を要請したが実現しなかった。彼の死後はその子鄭経ていけい(1642〜1681)がついだが、1683年、三藩の乱を平定した清軍の攻撃をうけて鄭氏は滅亡した。こうして台湾の鄭氏一族を滅ぼした清は、中国史上初めて台湾を領土とし、ここにようやく中国全土の平定を完了したのである。

国姓爺

鄭成功の父鄭芝竜は、貿易のためしばしば長崎の平戸ひらどに来航し、その地の田川氏の娘を妻とした。1624年、その間に生まれた子が鄭成功であり、幼名を福松ふくまつといい、7歳まで平戸に住んでいた。鄭芝竜は、1644年に明が滅ぶと、明の皇族の唐王とうおう隆武帝りゅうぶてい)を助けて反清運動をおこなった。鄭成功はそのとき唐王から明室の姓「朱」を賜ったことから、国姓爺こくせんやと呼ばれるようになり、父が清に降伏して以降も、台湾を根拠地に激しい反清運動を展開した。母が日本人であったことから、鄭成功の行動は日本へもくわしく伝えられ、近松門左衛門は『国姓爺合戦』と題する浄瑠璃をつくり人気を博した。

清代の社会経済と文化

1644年の明滅亡後に北京に入り中国支配を進める清朝は、台湾に根拠地を移して反清運動を続ける鄭成功に対し、中国船の渡航を厳禁する政策をとり(遷界令せんかいれい)、大陸との交通を断ち独立させようとした。この政策は鄭氏一族を滅ぼした1684年に解除された。

詳説世界史研究

足跡

鄭成功の足跡
鄭成功の足跡 (画像出典:鄭成功記念館

1624年平戸で生まれると、7歳にして父芝龍の故郷中国福建省南安に渡り、名を森と改め、その後南安県学の学生となり、孔子を拝して儒服を受領する。1644年には南京の国子監太学に入学し名を大木と改名、後に明の王 隆武帝より国姓である「朱」姓と、「成功」の名を賜る。その後、清の台頭により明王が危機に瀕すると、「抗清復明」を誓い、本拠地を厦門、金門に置いた。しかし、南京での戦いに敗北すると、徐々に清の攻勢は勢いを増し、鄭成功軍は台湾に本拠地を移し時運の挽回を図った。

鄭成功生涯年表

1622年鄭芝龍平戸川内浦に居住する。
1624年7月14日(旧暦)福松(鄭成功)生まれる
1630年福松中国(明)に渡る。福松を森と改名 。
1638年南安県学の学生となり、孔子を拝して儒服を受領する
1644年南京の国子監太学入学。森を大木と改名 。
1645年明王隆武帝と謁見し、国姓である「朱」の姓と、「成功」の名を賜る。これより「国姓爺」 と称される。
母マツが日本から泉州に移り住む。
1646年 清の攻撃により泉州城陥落に際し、城内にいた母マツは自害する。
鄭成功は「招討大将軍」に任命され「反清復明」のための戦いを誓う 。
1648年日本に援兵を請う(1651年、1658年、1660年含め計4回)
1650年 金門、アモイを占拠、勢力の充実を図る
1661年台湾占拠中のオランダと戦い勝利し拠点を台湾におく。台湾に政府を設置し法律を定め、開拓を行い、民を養い大いに時運の挽回を図る
1662年5月8日(旧暦)台湾において病没 享年39歳
1683年清朝に降伏、3代に亘る鄭氏政権が幕を閉じる

参考 鄭成功記念館

広告
Previous Post

Next Post