銅造釈迦如来坐像
飛鳥寺 銅造釈迦如来坐像 Source Wikipedia

銅造釈迦如来坐像

/

Previous Post

Next Post

銅造釈迦如来坐像 (飛鳥寺の釈迦如来像 飛鳥大仏) 1940年に重要文化財に指定。 日本初の本格的な伽藍がらんを持つ仏教寺院飛鳥寺の本尊。「日本書紀」などによると、鞍作止利くらつくりのとりが制作した丈六金銅仏(釈迦如来像)。609年(606年の説も)に完成したが、鎌倉時代の文献には、飛鳥寺は1196年に落雷のため全焼し、大仏も頭と手だけが残ったと記されている。明治以降の研究でも大部分が火災以降に造り直されたと考えられてきた。

参考 朝日新聞掲載「キーワード」

Previous Post

Next Post