間部詮房
間部詮房木像(作者不明/浄念寺蔵/画像出典:WIKIMEDIA COMMONS

間部詮房

/

Previous Post

Next Post

間部詮房 まなべあきふさ(A.D.1666〜A.D.1720) 6代将軍家宣、7代将軍家継の側用人。高崎藩主。初め猿楽師であったが、1684(貞享元)年家宣に召され寵臣となる。1709(宝永6)年家宣が将軍になると、侍従となり、宝永7年高崎5万石の藩主に。新井白石とともに家宣に重用され、側用人として権力をふるった。家宣の死後も家継を擁して活躍したが、8代将軍吉宗の代になると左遷された。

Previous Post

Next Post