高宗(朝鮮)
高宗(朝鮮)(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

高宗(朝鮮)


哲宗(朝鮮)

純宗(朝鮮)

Previous Post

Next Post

高宗(朝鮮) こうそう (コジュン A.D.1852〜A.D.1919)

李氏朝鮮第26代王。大韓帝国初代皇帝。1873年までは摂政の大院君に、親政開始後は閔妃の一族に、日露戦争後は日本に実権を握られた。1907年バーグ密使事件をおこし、日本に強制されて王位を太子にゆずった。

高宗(朝鮮)

朝鮮王朝の第26代国王(在位1863〜1919)。大院君の第2子。1873年までは摂政の大院君に、親政開始後は閔妃の一族に実権を握られた。また、日露戦争後、日本に外交・内政の実権を握られ、1907年に日本に強制されて王位を太子にゆずった。

¥946 (2021/09/24 20:46:50時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046

朝鮮の第26代国王。閔氏一族の政権独占を排除し、1897年に国号を大韓帝国と改めて、初代皇帝となる。1907年にバーグ密使事件を起こし、退位した。

¥946 (2021/09/24 21:20:25時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045
高宗(朝鮮)
高宗(朝鮮)(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

日本に退位を迫られた朝鮮王

11歳で即位。21歳までは父の大院君が摂政を務め、それ以降は妻の閔妃に実権を握られる。日本の干渉をハーグ平和会議に訴えた「ハーグ密使事件」を口実に日本により退位させられた。その死をきっかけに大規模な抗日デモ「三・一運動」がおこる。高宗は1910年の韓国併合後は徳寿宮李太王と称され、日本の皇族としての待遇をうけた。

独立を果たすも日本の植民地化が進む

11歳で国王に就くが、20歳まで父・興宣大院君が摂政になっていた。その後は妻の閔妃とその一族に政権を奪われた。閔妃の暴政への反発で壬午軍乱が起こり、続いて独立党がクーデターを起こす。さらに東学党の乱をきっかけに、朝鮮が日清戦争の戦場になるなど、高宗にとって苦難の日々が続いた。しかし日清戦争で日本が勝利。朝鮮は清の柵封さくほう(君臣関係)下から脱し、まがりなりにも独立国となった。高宗は国名を「大韓帝国」とし、44歳で初代皇帝となった。ただ欧米列強と対抗して生き抜く国力に欠け、ロシアと日本の選択に迫られた高宗は、やむなく日本の保護下に入った。その後の高宗は、日本の圧力から逃れようと他国に支援を頼むが、列強からの援助はなく、かえって日本による植民地化が進んだ。反日闘争が各地で起こると、高宗はオランダのバーグで開催された万国平和会議に密使を派遣。これを背信行為とした日本の韓国統監・伊藤博文に退位を迫られ、息子に譲位した。

¥1,128 (2021/09/24 21:12:43時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

高宗が登場する作品

ドラマ「明成皇后」

ドラマ「明成皇后」登場人物相関図
ドラマ「明成皇后」登場人物相関図
ドラマ「明成皇后」登場人物相関図 ©世界の歴史まっぷ

楽天TVでも観ることができます。 明成皇后

高宗(朝鮮)実在写真

高宗(朝鮮) - 李王殿下・純宗皇帝・高宗皇帝・尹皇后・徳恵翁主
李王殿下・純宗皇帝・高宗皇帝・尹皇后・徳恵翁主

画像出典: Imperial family: Prince Lee, Emperor Soon Jong, Emperor Ko Jong, Queen Yoon, Princess Duk Hai. – NYPL Digital Collections

李氏朝鮮歴代国王一覧

李氏朝鮮国王一覧

  姓・諱廟号日本読み朝鮮読み在位開始在位終了作品党派
 封号
李氏朝鮮第1李成桂太祖たいそ13931398勲旧派
李子春永興崔氏権知高麗国事
第2李芳果定宗ていそうチョンジョン13981400太祖神懿王后次男
第3李芳遠太宗たいそうテジョン14001401太祖神懿王后五男
14011418朝鮮国王
第4李裪世宗せいそうセジョン14181450太宗元敬王后・閔氏三男
第5李珦文宗ぶんそうムンジョン14501452王女の男世宗昭憲王后・沈氏長男
第6李弘暐端宗たんそうタンジョン14521455癸酉靖難文宗顕徳王后・權氏
第7李瑈世祖せいそセジョ14551468李施愛の乱世宗昭憲王后・沈氏次男
第8李晄睿宗えいそうイェジョン14681469世祖貞熹王后・尹氏次男
第9李娎成宗せいそうソンジョン14691494士林派世祖の長男・懿敬世子仁粋大妃次男
第10李㦕燕山君えんざんくんヨンサングン14941506戊午士禍
甲子士禍
中宗反正
成宗廃妃・尹氏長男
第11李懌中宗ちゅうそうチュンジュン15061544己卯士禍成宗の次男貞顕王后・尹氏
第12李峼仁宗じんそうインジョン15441545中宗章敬王后・尹氏長男
第13李峘明宗めいそうミョンジョン15451567乙巳士禍中宗文定王后次男
第14李昖宣祖せんそソンジョ15671608西人東人文禄・慶長の役中宗の三男・徳興大院君河東府大夫人鄭氏長男
第15李琿光海君こうかいくんクァンヘグン16081623南人北人宣祖恭嬪金氏次男
第16李倧仁祖じんそインジョ16231649小北大北宣祖の五男・定遠君(庶子)仁献王后長男
第17李淏孝宗こうそうヒョジュン16491659仁祖
第18李棩顕宗けんそうヒョンジョン16591673西人粛清孝宗仁宣王后長男
第19李焞粛宗しゅくそうスクチョン16741720トンイ老論少論甲寅礼訴
庚申換局
顕宗明聖王后長男
第20李昀景宗けいそうキョンジョン17201724辛壬士禍粛宗禧嬪張氏長男(庶子)
第21李昑英祖えいそヨンジョ17241776イ・サン僻派時派壬午士禍粛宗淑嬪崔氏次男(庶子)
第22李祘正祖せいそチョンジョ17761800功西信西辛酉教獄英祖の次男・荘献世子恵慶宮洪氏次男
第23李玜純祖じゅんそスンジョ18001834僻派勢道政治
(安東金氏)
正祖綏嬪朴氏次男
第24李奐憲宗けんそうホンジョン18341849純祖の長男・孝明世子神貞王后長男
第25李昪哲宗てっそうチョルジュン18491863正祖の弟・恩彦君の子・恩彦君龍城府大夫人廉氏三男
第26李熙高宗こうそうコジュン18631897明成皇后江華島事件
壬午事変
甲申政変
東学党の乱
乙未事変
英祖の次男・荘献世子の三男・恩信君
の養子・南延君の四男・興宣大院君
驪興府大夫人閔氏次男
大韓帝国高宗18971907第1代皇帝
第27李坧純宗じゅんそうスンジュン19071910高宗明成皇后閔氏長男第2代皇帝
左右にスクロールします。

アジア諸地域の動揺

東アジアの激動

朝鮮の開国

17世紀以降、清の従属国の立場にあった朝鮮王朝では、19世紀になると官僚間の党争や権門けんもんによる政治独占など、政治的動揺が続いた。農村では貧富の差の拡大や相次ぐ災害などにより、社会不安が高まっていた。1811年におこった洪景来の乱こうけいらいのらんは、不平を抱く官人層に指導された大規模な農民反乱であった。こうした状況のなか、1860年代になると、欧米列強は従来からの鎖国政策を続ける朝鮮にも開国を迫るようになった。列強の開国要求に対し、当時の朝廷の実権者大院君(1820〜98, 国王高宗(朝鮮)の父)は、強硬な攘夷政策をとってこれを拒否した。やがて明治維新後の日本政府も、朝鮮に対して開国を要求するようになった。そこでの西郷隆盛(1822〜77)、板垣退助(1837〜1919)らの征韓論はひとまず退けられた。1875年におきた江華島事件を契機に、日本政府は、朝鮮に強い圧力をかけ、翌76年、釜山プサン仁川インチョン元山ウォンサンの3港の開港のほか、領事裁判権や日本側に一方的な無関税特権など、不平等条項を含む日朝修好条規(江華島条約)を結んだ。

¥2,750 (2021/09/24 20:44:42時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告
Previous Post

Next Post