鳥獣人物戯画
鳥獣人物戯画(伝鳥羽僧正覚猷筆) 4巻より成る絵巻物で、詞書はなく全巻墨書。動物の擬人化で貴族・僧の社会を風刺。図は仏像(蛙)の前で猿僧正と供僧の狐・兎が読経する場面 ©Public Domain

鳥獣人物戯画

/ /

Previous Post

鳥獣人物戯画 (ちょうじゅうじんぶつぎが) (12〜13世紀) 平安後期から鎌倉前期にかけて制作された、墨1色の白描はくびょうで描いた戯画絵巻。京都・高山寺に伝来し、現在は甲乙丙丁こうおつへいていの4巻のうち、甲・丁巻が東京国立博物館、乙・丙巻が京都国立博物館に寄託されている。作者は、滑稽・風刺を目的とした戯画を得意とした、平安後期の高僧・鳥羽僧正覚猷とばそうじょうかくゆうと伝えられてきたが、確証はない。豊かな動物の表情と、抜群の筆運び、正確なデッサン力に加え、墨の濃淡やかすれを駆使した技巧的な筆遣いで、生あるものが現世を謳歌する喜びを描き出している。ユーモラスな「遊び」の表現の豊かさは日本絵画で群を抜いており、白描絵巻の珠玉の名宝。国宝。

Previous Post