鳩摩羅什
キジル石窟の鳩摩羅什像 Source Wikipedia
Previous Post

Next Post

鳩摩羅什 (A.D.344〜A.D.413) 鳩摩羅什くまらじゅうは亀茲国の西域の僧。五胡十六国時代の後秦こうしんに長安に渡来した。『中論』『大智度論』『法華経』『仏説阿弥陀経』など、35部294巻に及ぶ仏典をサンスクリットから漢訳する。

Previous Post

Next Post