鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮舞殿と本宮 Wikipedia

鶴岡八幡宮

Previous Post

Next Post

鶴岡八幡宮 つるがおかはちまんぐう 武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社。源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりで、源氏再興の旗上げをした源頼朝は、1180(治承4)年、鎌倉に入り直ちに御神意を伺って由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地に遷し、1191(建久2)年には鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整え、鎌倉の町づくりの中心とした。現在の御本殿は、1828(文政11)年、江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営による代表的な江戸建築で、 若宮とともに国の重要文化財。 源頼朝、源実朝を祀る白旗神社、静御前ゆかりの舞殿や段葛など。

Previous Post

Next Post