黄巾の乱
中国で184黄巾の乱の間に劉備、関羽、張飛との清朝イラスト ©Public domain

黄巾の乱

/

黄巾の乱 (184年) 黄巾の乱こうきんのらんは、後漢末に、太平道という宗教結社を始めた張角が指導した反乱で、黄色の布を頭に巻いたことから「黄巾の賊」と呼ばれた。後漢の政府は、この反乱を容易に鎮圧できず、豪族の協力をえて同年末までに主力を撃破することができたが、これに呼応した反乱はこのあとも各地で相次いだ。こののち政府の命令は行き渡らず、群雄割拠の時代となった。