執権政治へ 六波羅探題 執権政治 13人の合議制 鎌倉幕府職制(中期)図
鎌倉幕府職制(中期)図 ©世界の歴史まっぷ

13人の合議制

/ /

Previous Post

Next Post

13人の合議制 若年の新将軍源頼家の専制をおさえるための制度。構成は、文官として大江広元おおえのひろもと三善康信みよしやすのぶ中原親能なかはらちかよし(広元の兄)・二階堂行政にかいどうゆきまさの4人、頼朝以来の武将として北条時政ほうじょうときまさ北条義時ほうじょうよしとき三浦義澄みうらよしずみ八田知家はったともいえ和田義盛わだよしもり比企能員ひきよしかず安達盛長あだちもりなが足立遠元あだちとおもと梶原景時かじわらかげときの、当時の幕府の有力者9人。制度としては、のちの評定衆ひょうじょうしゅう引付衆ひきつけしゅうに連なっていく。

Previous Post

Next Post