アヴィニョン捕囚 アヴィニョン教皇庁
アヴィニョン教皇庁 ©Public domain

アヴィニョン捕囚 (教皇のバビロン捕囚) (A.D.1309〜A.D.1377) キリスト教のカトリック・ローマ教皇の座が、ローマからアヴィニョンに移されていた時期(1309年〜1377年)アヴィニョン教皇 (Avignon Papacy) 時代を指す。日本語では、アヴィニョン法王と表記されることもある。古代のバビロン捕囚になぞらえ、教皇のバビロン捕囚とも呼ばれた。