カスティーリャ王国
カスティーリャ王国の紋章Source Wikipedia

レオン王国, ナバラ王国

アラゴン王国

スペイン王国ブルボン朝

Previous Post

カスティーリャ王国 (A.D.1035〜A.D.1715)

イベリア半島に存在した王国。ウマイヤ朝に西ゴート王国が征服されて以来イスラームの支配下にあったイベリア半島でおこったキリスト教国の国土回復運動(レコンキスタ)で、前進基地に多数の城塞を築いたところから、カスティーリャ(ラテン語で「城」の意)と呼ばれ、カスティーリャ王国が成立した。スペイン王国ハプスブルク朝が成立後もスペインを構成する国の1つとして政治的に独自性を保持し続け、スペイン継承戦争をへてブルボン朝成立後、フェリペ5世(スペイン王)の時代まで存続した。

  • 1035年: 独立
  • 1469年: アラゴン王国とカスティーリャ王国の同君連合の成立
  • 1715年: 消滅
Previous Post