ガレー船
16世紀におけるマルタの典型的な構造を持つガレー船の模型。この時期がガレー船最後の最盛期となった。突撃船首が確認できる。Wikipedia

ガレー船 (古代〜近代初期) 多数のかい(オール)推進の大型船。 古代ギリシア・ローマ時代からエジプト人、クレタ人などが帆付きのガレー船を軍用と商用に使用 軍艦としては、中世になってもポエニ戦争の頃の構造、大きさと基本的に変らなかった。艦砲の発達によってガレオン船が登場しても、まだ1世紀以上にわたって補助的に使われていた。ベネチア海軍で使った2層甲板でより大きなガレアス船、トルコ海軍が造った小型で快速なガリオット船の変型がある。ガレー船は近代初めのレパントの戦い(1571)でもなお主役を演じ、その後流刑人護送船として 18世紀まで使用された。