サラーフッディーン
ヒッティーンの戦いの後のサラディン ©Public Domain
Previous Post

サラーフッディーン (A.D.1138〜A.D.1293) アイユーブ朝初代スルタン(在位1169〜1193)。シリアのザンギー朝からエジプトに派遣されたクルド人の将軍サラディンは、ファーティマ朝の宰相となって実権を握り、アイユーブ朝を開いた。アッバース朝カリフの宗主権を承認し、スンナ派の信仰を復活してイスラーム世界の統一をはかった。エジプトにイクター制を導入して軍政を整え、対十字軍戦争を積極的に推し進め、1187年にはティベリアス湖西方のヒッティーンの戦いで十字軍を破り、約90年ぶりに聖地エルサレムを奪回した。

Previous Post